BMIを計算する式はどこの国も共通ですが、値の位置づけは国ごとにそれぞれ違っていて、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上は肥満、18.5未満であれば低体重と定義しています。

健康を推進する世界保健機関は、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎがお肌に健康障害を招くとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用する活動の禁止を主に先進国に勧告中です。

耳の中の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3か所に大別されますが、この中耳の辺りに様々なばい菌やウィルスなどが付着して炎症が発生したり、液体が溜まる病を中耳炎と言っています。

胸痛を主訴とする狭心症の外科的な措置では大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈バイパス術」という双方の治療方法が活発に実施されています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、要するにまるい形状をした紅色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な病名で、その誘因は本当に様々なのです。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP等の値によって診ることができますが、ここ数年の間に肝機能が衰退している人達が増加傾向にあるということが危険視されています。

最も大きな臓器である肝臓に中性脂質やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変や糖尿病のみならず色んなトラブルをもたらすかもしれないのです。

BMIを求める計算式はどこの国も一緒ですが、数値の評価水準は国家ごとに少しずつ異なり、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準、25以上だと肥満、18.5未満であれば低体重と周知しています。

メタボリックであるとは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多く付きやすいパターンのよくない肥満が存在することに縁って、いろんな生活習慣病を発症しやすくなります。

食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、日常生活のストレス、加齢というような多様な原因が揃うと、インスリンの分泌量が減ったり、機能が落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。

季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今までの研究により、注射の効果を期待できるのは、注射した2週後位から約5カ月位だろうということです。

PMSはいろいろな症状があるので、一言で語れませんが、生理前になんだか不調という時はぜひPMSサプリをためしてみていただきたいと思います。 PMS情報カフェでいいサプリメントを選んでくださいね。