男性にしかない前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)が密接に関しており、前立腺に出現してしまったがんも同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの力で成長してしまいます。

世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、人体に有害なUV-Aの極端な浴び過ぎが皮膚病を起こすとして、19歳未満の若者がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用することの禁止を強く勧めています。

亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に働く様々な酵素や、細胞や組織の活動に欠かせない酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する物質として欠かせないミネラルの一種です。

基礎代謝量(kcal)とは目が覚めている覚醒状態で命を維持していく(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の維持など)ために必ず要る最も小さいエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。

急性中耳炎は、一番よくある中耳炎で乳幼児によくみられます。

強烈な耳の痛みや38度以上の熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(じろう)などの耳の症状が発生するのです。

様々な花粉症の症状(鼻水、鼻詰まり、連発するクシャミ等)のために夜よく眠れない場合、それが災いして睡眠不足の状態に陥り、次の日の行動性に芳しくない影響を及ぼすこともあるのです。

ポリフェノール最大の特長は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは性質が異なり、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ効果があります。

人の耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に大別できますが、中耳の部分に細菌やウィルスが感染し、発赤等の炎症がみられたり、液体が溜まる症状が中耳炎というわけです。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康でも出ることがあるので難しい心臓病ではないにせよ、発作が幾度も次々と発生する場合は危ないといえます。

我が国における結核への対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」に準ずる形で行われてきましたが、56年後の2007年から異なる感染症と一括りにして「感染症法」という名の法律に沿って実行されることが決定しました。

うす暗い場所だと光不足のため見辛くなりますが、より瞳孔が開くため、目のピントを合わせるのに余計なエネルギーが必要になってしまい、結果的に日の差す場所でものを見るよりも疲れやすくなるのです。

素人が外から見ただけでは折ったのかどうか分からない場合は、負傷した部分にある骨を少しだけ圧してみて、もしそこに激しい痛みを感じたら骨折しているかもしれません。