日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが吸収されるのを助長することで知られており、血中のカルシウムの濃度を調節し、筋繊維の機能を操作したり、骨を生成します。

目と目を合わせることで、患者がセラピードッグのことをすごく可愛いと思うと「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレス緩和や心の癒しに繋がっていくのです。

吐血と喀血はいずれも口から血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺に続いている気道(呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血は無腸間膜小腸より上部にある消化管から出血する状態を示しているのです。

基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もせずにじっとしていても必要な熱量のことですが、その半分以上を全身の筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めるということはあまり知られていません。
万が一検査で現在エストロゲンとゲスターゲンの分泌量が足りなくて早発閉経(early menopause)と判明した場合、少ない女性ホルモンを補ってあげる処置などで緩和できます。

毎日肘をついて横向きになったままテレビを視聴していたり、片方の頬に頬杖をついたり、ハイヒール等をよく履くといった習慣的なことは体の均衡が乱れる原因となります。

亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係する特別な酵素や、細胞や組織の維持活動に欠かせない酵素など、約200種類以上存在する酵素を構成する要素として絶対なくてはならないミネラルの一つなのです。

悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、元来、人体を癌から守る働きを持つ物質を作るための鋳型のような遺伝子の不具合により罹患するとのことです肝臓をきれいに保ち続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が低くならないようにすること、とどのつまり、肝臓の老化対策を開始することが有効だと考えられます。

食べ過ぎ、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、人間関係などのストレス、老化などの様々な因子が揃うと、インスリンの分泌量が少なくなったり、働きが鈍くなったりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病します。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても発生することがあるためさほど珍しい病気とはいえませんが、発作が数回続いて起きるケースは危険な状態です。

体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に役立つ糖質、人の細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらに代表される様々な活動をキープするために外すことのできない栄養成分までもを欠乏させてしまっている